読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月経カップブログ

月経カップについてぽちぽち書いてみる

月経カップのブランドとサイズの選び方

月経カップの選び方

月経カップのブランドはいろいろあります。

スクーンカップ、ムーンカップ、ディーバカップ、メルーナ、ルビーカップ、フルールカップ、などなど。

また、体も人それぞれ。

どうやってカップを選べばいいのか紹介します。

 

月経カップは体の中に入れるものです。

あまりにも安い商品は壊れやすく、素材が怪しい、など問題があるかもしれないので気を付けましょう。

ノックオフ品ではなく、ちゃんとしたブランドがおすすめです。

 

子宮口の位置をチェック

子宮口・子宮頸部(cervix)の位置を確認して、カップの長さから商品を選びます。

生理のときは位置が変わることもあるので注意です。

 

指を入れてみましょう。

入れると、真ん中が窪んでる丸い石(うまく言えない)ようなものがあります。

これが子宮頸部(cervix)、いわば子宮の入口です。

f:id:sazamo:20170202113549j:plain

 

指を入れて子宮口が

触れない、指が根元まで入る→高い

なんでも使えます。

カップが小さすぎると奥に入り出すとき大変かもしれません。

 

ちょうど触れる→中

なんでも使えます。

 

指が第二関節まで入る→低

第二関節まで完全に入らなければ、

ディーバカップやリリーカップなど長めのカップは厳しい。

 

指が第一関節まで入る→とても低い

使えるのは小さなカップに限られます。

 

 

私の場合、第一関節と第二関節の真ん中の位置まで入り、低めです。

スクーンカップ、メルーナ、ルビーカップ

をステムを切った状態で使っています。

 

比較表を確認してから決めましょう。

putacupinit.com

 

 

商品サイズの選び方

 ブランドごとに商品のサイズがあります。

 

→30歳以下、出産経験なし、経血量が少ない女性

→30歳以上、出産経験あり、経血量が多い女性

 

が一般的です。

 

「12時間入れっぱなしでいいし、楽がしたい!」

という人は、経血量から選ぶのもアリです。

 

タンポンや生理ナプキンを、

2時間以内に交換しないといっぱい、という人は経血量が多いのできいサイズ 

3時間以上で交換、であればさいサイズ

 

サイズ表で確認しながら選びましょう。

大と小で直径が3㎜しか違わないカップもあれば、5㎜も違うものもあります。 

また、ルネットカップなど小さい方が柔らかい場合があります。

 

カップの硬さと柔らかさ

硬いカップ、柔らかいカップ、それぞれ特徴がありますが、以下の点は人の体にもよります。

必ずそうなる、というわけではありません。

 

柔らかいカップ

Meluna、Ruby cup、 Lunette cup、 Scoon cup、 Lily cup、Diva cup など。

 

メリット

出し入れが楽、痛くない、生理痛のときも痛みなく使える

 

デメリット 

体の中で開きにくい、

括約筋が極度に強いとカップを潰してしまう

漏れやすい 

 

硬めのカップ

Moon cup UK、Femme cup、Lady cup、Yukki cup など

 

メリット

体の中で開きやすい、スポーツも安心、漏れにくい

 

デメリット

膀胱が敏感な場合、圧迫されトイレが近くなる

出し入れが難しい

性交経験がない女性には痛いかもしれない

 

 

ヨガ、ピラティス、ダンスなども含め運動する、という人は比較的、括約筋が強いので極度に柔らかいカップ(メルーナソフト・クラッシック)は危険かもしれません。

 

膀胱が敏感な場合、フチが厚いと膀胱が圧迫され尿意を感じやすくなります。

私の場合スクーンカップを使用し始めたころ、フチの厚さから常にトイレに行きたい感覚が続きました。

ただ、今では体が慣れたのか不自由なく使えるようになりました。

 

 

具体的な月経カップのブランドについて。

sazamo.hatenablog.com

sazamo.hatenablog.com